ヒプノセラピー スクール カウンセリング京都 関西 インナ-チャイルドカ-ド

ヒプノセラピー (催眠療法)スクール 心理 カウンセリング京都 関西 インナーチャイルドカード ABH全米催眠療法協会認定ヒプノセラピスト養成 インナーチャイルドカードプラクティショナー養成スクール

TEL.090-4282-0177 地下鉄「今出川」駅より徒歩1分
★11月地下鉄「鞍馬口」駅より徒歩7分へ転居 ご予約受付

フラワーエッセンス
施設写真

ヒプノセラピー サロン イクシェル 京都/関西 主宰、中嶋 貴子です。
私がフラワーエッセンスに出会ったのは、1999年9月の時でした。当時ヒプノセラピーを受けていて、その先生に教えていただいたのがきっかけです。ブラウンのボトルの中に、今の自分の心を癒す花のエネルギーを取り込み使っていく。それを聞いた時は、なんだか魔法のボトルのようで、とてもワクワクしたものです。

フラワーエッセンスは、イギリスのエドワード・バッチ博士が創始者であり、今では世界中で様々なフラワーエッセンスが作られ、販売されています。イクシェルでも、ヒプノセラピーやインナーチャイルドカードの個人セッションの際、ご希望のクライアントに、バッチ博士のフラワーエッセンスまたはパワーオブヒーリングフラワーエッセンス、FESフラワーエッセンスを使用しています。これは私達の潜在意識の扉を、オープンしやすいように手助けしてくれます。

施設写真 施設写真

花のエネルギーで作られたものですが、例えば、、、想像してみてください。あなたが何かあって落ち込んでいるとき、あなたの友人が、ふと、花をプレゼントしてくれたとします。花の色彩、香りを感じ、側に置いていくだけで、なんとなく元気が出てくる、、、そんな感じがするのではないでしょうか?友人の心遣いや、色や香りの影響もありますが、この時あなたは、見えない花のエネルギーを感じています。このエネルギーをボトルの中に入れています。

作り方は、自然のパワーがあふれる場所で、植物に感謝しながら、花を摘み取り、クリスタルの容器に入れた純粋な水
に花を浮かべます。そして祈りを捧げながら、太陽の光を容器の中に照らし、、水の中に花のエネルギーを取り込みます
その水を保存料のブランデーなどと共にボトルに入れられたものが、フラワーエッセンスで、他にも作り方があります。

施設写真

ヒプノセラピーの際によく使うのが、スターオブベツレヘムです。
この花は「心の傷を、優しく丁寧に取り除いてくれる」花のサポーターです。

「自分を好きになれない、完璧を目指してしまう自分を解放する」クラブアップル

「とりあえず不安、何事にも神経質に考えてしまう、心を穏やかにしたい」チェリープラム

「何をしても楽しく感じられない、生きる喜びを感じたい」ワイルドローズ

「自信を持ちたい」ラーチ、「罪悪感を取り除きたい」パイン

「人生の転記のときに、周りの影響から保護してくれる」ウォールナット

「家族やパートナーを心配し過ぎて疲れてしまうので、こころに調和を取りたい」レッドチェストナット

「失敗を乗り越え、これからのポジティブな方向性に体験を活かせるように考えられるようになりたい、何かと疑いがちな自分を変えたい」ゲンチアナなど

その他にも、様々なフラワーエッセンスを取り入れています。

施設写真

フラワーエッセンスは、医薬品ではなく、副作用などもありません。
花が育つ過程は、目を出し、茎が伸びていき、葉を拡げていきます。そして花のつぼみを持ち、やがて咲きますね。その成長していく姿は、私達の人生と重なるものがあります。それぞれの花は異なる性質を持ち、自分の置かれた場所で咲こうとします。

ヒプノセラピーの心理ワーク前に使われる際は、無料で提供させていただいています。
セラピー終了後、セルフケアとして持ち帰られたい場合は、それぞれの個人セッション代金に、プラス¥2000(税込・ボトル代込)で、必要なエッセンスをお選びして、持ち帰っていただくことも可能です。


◆ご予約・ご質問については
TEL090-4282-0177
イクシェル 中嶋まで
*電話受付 am9:00-pm8:00
*留守番電話の際はお手数ですがお名前とメッセージを入れてください。
または以下をクリックしてください

お問い合わせ
このエントリーをはてなブックマークに追加